2014年5月アーカイブ


一日の疲れを癒すお風呂。時間に追われて慌しくシャワーだけで済ませてしまう方も多いのでは?せっかくお風呂に入っても、かえって疲れが倍増した、と感じる方も少なくないでしょう。お風呂でリラックスした時間をすごせれば、忙しい一日でたまった心身の疲れを流すことができ、心地いい睡眠にもつながります。少しだけ時間を長めにとって、ゆっくりとリラックスしてお風呂に入ってみてはいかがでしょうか。お風呂でリラックスしたい場合、お湯の温度は3840度がいいようです。体温よりも2度ほど高い温度でじっくり浸かると、副交感神経が活性化され、体の緊張がほぐれて心身ともにリラックスします。逆に42度以上のお湯では、交感神経が活性化され、身体が活動モードに入るため、朝すっきりと目覚めたいときなどにはおすすめですが、リラックスするためには逆効果です。入浴方法は、胸のした辺りに水位がくるように入る半身浴、プカプカ浮かぶような位置に座る寝浴が効果的です。半身浴は、のぼせを防ぐと共に、心臓に水圧がかかるなどの負担も減らせるため、ゆっくりと長時間お湯に浸かることができます。寝浴は、お湯の浮力を利用したさらにリラックス効果が期待できる入浴方法です。全身の力を抜いてプカプカと浮かぶようにすれば、水の浮力で筋肉の緊張がほぐれ、緊張からくる脳への刺激が和らぎリラックス効果がもたらされます。入浴時間は、2030分が目安です。この時間が長すぎて疲れてしまうようであれば、便利なお風呂グッズを使えば、本を読んだり、音楽を聴いたり、マッサージをしたり、アロマキャンドルを楽しんだり、好きなことをしながら楽しい時間を過ごすことができるでしょう。お風呂の後には、水分補給を忘れずに。冷たいものは、せっかく温まった体を冷やしてしまうので、人肌のミネラルウォーターなどがいいでしょう。さらにいいのは、暖めた牛乳。牛乳に含まれている成分が心地よい睡眠を導きます。一日の終わりにゆっくりとリラックスした気分でお風呂に入り、また新しい気分で明日を迎えることができるといいですね。

上大岡・久里浜のおすすめ美容室


近では目ヂカラという表現もされる目元を強調させる
メイクが主流になりつつあります。
目元を強調させるのに欠かせないのは、ボリュームのある
まつ毛です。
つけまつげにまつげエクステ。塗るつけまつげなんて呼ばれる
進化したマスカラもありますね。
ですが、つけまつげやまつげエクステなどは目元やまつげ自体に
負担もかかりやすくなります。
ご自身のまつげを成長させるまつげ美容液はいかがでしょうか?
まつげがより濃く、より長く伸びるので、つけまつげを装着する手間も
どうしても出てしまう不自然さを気にすることがなくなります。
そしてまつげエクステのように費用もメンテナンスも
する必要がありません。
基本的に美容液一本で1~2ヶ月ほど使えるので、コスト面で見ても
それほど負担にはなりません。
ですが、美容液は使い続けないと、まつげへの効果は続きません。
使うのをやめると、栄養が補給されなくなります。
そして、まつげは数週間程度で、生え変わりますので、
すぐに元に戻ってしまいます。
ですが、自信のまつげを成長させるのは興味深いのでは?
試してみる価値はありますよ。

肌の万能薬として知られるビタミンC。美肌を目指すには欠かせない栄養素です。
ビタミンCを補うためにサプリメントを摂取している人は多いと思いますので、今回はビタミンCのサプ路面との効果的な摂取方法を紹介します。
ビタミンCはたくさん飲んでも体の害になりません。すぐに尿として排出されてしまうからです。なので一定間隔でビタミンCを摂取する必要があります。
サプリメントを飲む感覚は3時間おきがベストとされています。ビタミンCが摂取され、尿になるまでだいたい3時間ほどだからです。
普段の食生活でビタミンCを十分に確保できている場合は、食間に飲むのが良いでしょう。血中濃度が下がってきた頃にサプリメントで補うんです。
ちなみに、ビタミンCはコラーゲンの吸収を助けてくれる栄養素ですので、これらを同時に摂取するととても効果的です。
美肌のためにコラーゲンのサプリメントを飲んでいるという人は、ビタミンCのサプリメントも一緒に飲むといいですよ。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31